ハイヒールを履きたい女性のための、美しい立ち姿勢のつくり方

ハイヒールって足が痛くなったり、歩きにくくて腰が痛くなったりして、大変な経験していると思います。

あなたが苦手意識を感じてしまい、履きこなすことが難しくて敬遠しがちなハイヒール。

でも、上手に履きこなすと女性らしい美しいスタイルをつくるのに最高の靴ってご存知でした?

 

今回はハイヒールが女性の見た目を変化させるメリットや立ち姿勢の取り方などを紹介していきますね!

ハイヒールと平らな靴では、他人に与える印象が大違い

シンプルにハイヒールと平靴で見た目だけの違いを解説します。

ハイヒールを履く最大のメリットは、ただ履くだけで見た目が変化する事です。

ヒールの高さの分、身長が高くなり、タテの幅とヨコの幅の比率が変わります。また、腰の位置も高くなるため、脚が長く見える効果を得られます。

頭身にも変化が出ることから、顔が小さく見られます。

背筋が伸び、自然と胸が開けることから、美しくデコルテを見せることもできます。

ハイヒールが美しい姿勢をつくり、自然と体が変わってくる

美姿勢筋が履いているだけでつくられてきます。

体幹筋と脚の後ろ側、内側の筋肉がポイントで、しっかりと姿勢が取れている必要があります。

下図にある、赤丸から矢印に向かって筋肉が働いていると、姿勢が安定してとりやすく、見た目も美しく見えます。

それでは、自分の立ち姿勢をよく見てみましょう!

鏡などで確認して、姿勢の崩れが出ている時は、まずは姿勢を美しく整えていく必要があります。

何も履いていない状態で姿勢がアンバランスな場合は、ハイヒールのように筋肉のバランスを必要とする靴を履くと、バランスの崩れがひどくなることがあるため要注意です。

ハイヒールを履いた時の立ち姿勢を綺麗に見せる2つのポイント

この2つのポイントを押さえていただけると、ハイヒールに必要な姿勢筋が強くなり、体に痛みや疲れが出にくくなります。筋肉なのですぐには強くはならないのですが、続けていくうちに、自分の姿勢が自然とキレイに整ってくることを経験できます。

1.骨盤を立てる

2.体に中心線を意識する

ムーブラボのエクササイズの基礎でありながら重要なポイントでもあります。姿勢の崩れは骨盤から始まり背骨や脚の歪みへと広がっていきます。

ハイヒールで腰や膝に痛みが出る方は、骨盤が前や後ろに過度に傾いていたり、左右で高さが違っていたりする場合がほとんどです。なので、骨盤の位置を正すことを普段から行っていると、骨盤歪みやO脚などが改善していきます。ただし、長年の歪みなどは姿勢矯正などの施術が必要な場合あります。

骨盤が整うと体の中心を感じやすくなるメリットがあります。整った骨盤から背骨が天井の方へ伸びていくように自分の体に意識させます。

上手く骨盤から背骨の伸び感をつくれると、体が縦に長くなるような感覚が出てきます。すると、内ももが締まってきて脚のラインがスラッとなってきます。

ハイヒールを履いた時に、骨盤を立てて、体の中心を意識して作っていくと、歪みのない美しい立ち姿勢になることができますよ!

平靴でも2つのポイントを行っていると、姿勢は当然良くなってきます。普段仕事で、よく歩く方は平靴を選択した方がいいと思いますがポイントを行って、華やかな場所に行くときは、ぜひともハイヒールにチャレンジして欲しいと思います。

 

ハイヒールに関するイベントはコチラ☟

12月15日ハイヒールウォーキンイベント

LINE@限定クーポン配信中!

MoveLabのLINE@登録で限定クーポンが手に入る!

LINE@では当サイトで紹介しているサービス内容について、ご質問・ご相談のある方は、まずLINEからメッセージを送ってください。