体幹トレーニングにオススメのピラティス5選

体幹トレーニングで間違わないために

最近はテレビや雑誌などのメディアでトレーニングなら、まずは体幹とよく言われています。

確かに体幹のトレーニングはボディメイクで必須のものになります。

とても大事ならより効果が出るトレーニングをしていきましょう!

あなたの体幹トレーニングをより効果的の出る方法にしていきませんか?

体幹トレーニングを意識しているということは、あなたは体型や見た目の変化、猫背などの姿勢の悪さ、肩こりや腰痛などに関して悩んでいると思います。

体幹はカラダの中心であり、弱くなってしまうと先に挙げたように姿勢の悪さにつながります。姿勢が悪い状態のまま、負荷の強いウエイトトレーニングなどを行ってしまうと関節に負担がかかり痛めてしまうなんてこともあります。

体幹のトレーニングを安全に進めていくために、最初はフォームを特に意識して行うことがポイントです。日常生活で手や足は動かす時に意識することはあるけれど、体幹を意識することはあまりないですよね。神経の関係から手足の動きに合わせて体幹はオートマチックについてくるようになっています。余程、丁寧にフォームチェックしながらトレーニングを行わないと上手くいかないことがあります。

更に問題になってくるのがデスクワークや交通手段の発展などによって、現代人の生活が手足を動かすことが少なくなっていることです。

自分から合えて運動の機会を作っていかないと、そもそも運動量が少なくなっているので、体幹の筋肉は使わない環境に慣れてきます。当然体幹の筋肉は弱くなりますよね。

でも、わざわざジムにトレーニングに行くのもめんどくさいし、時間がない。という方にお勧めなのがピラティスと言われるエクササイズになります。

簡単にピラティスについていうと、マットの上で行える体幹をメインに鍛える運動です。体幹筋でも『コア』といわれるインナーマッスルを意識した運動を行うので姿勢が整います。姿勢の良い状態がしっかりとキープできるようになってくると、ウエイトを用いたトレーニングをしても身体を壊すことなく、ターゲットの筋肉に効かせていくことができるようになります。体幹を整えるピラティスのエクササイズでも、お勧めのものを紹介させていただきます。

体幹トレーニングのオススメのピラティス5種

ピラティスでは体幹を中心に運動で整えていきます。

インナーマッスルがしっかりと鍛えられてくると、自然と姿勢も綺麗に整ってきます。

■ピラティス呼吸

ピラティスでは横隔膜を使った呼吸を基本にしています。腹式呼吸ではなくイメージとしては胸式呼吸に近い呼吸の方法です。

腹式呼吸がダメという訳ではなく、姿勢を安定させているお腹周りの筋肉を呼吸に使わずに、横隔膜を最大限使っていくのがピラティスの呼吸です。

腹式呼吸:お腹を膨らませる

ピラティス呼吸:胸全体を膨らませる

■ヒップアップ

インナーマッスルを働かせながらお尻を上げていく。

開始姿勢

最終姿勢

■ヘッドアップ

インナーマッスルを働かせながら頭を上げていく。

開始姿勢

最終姿勢

■キャット

背骨の動きを1本につなげていく。

開始姿勢

最終姿勢

■ダイアゴナルエクササイズ

開始姿勢

最終姿勢

効果的な体幹トレーニングまとめ

体幹のトレーニングは本当に数多くあります。第一のポイントは体幹の筋肉の役割は姿勢を整えることです。トレーニング中はフォームを意識して、丁寧に行っていくことが大切になります。

二つ目のポイントはトレーニングの流れです。体幹のインナーマッスルからアウターマッスルへと進めていくこと。運動初心者はこのトレーニングの流れが、効果的な体幹トレーニングになりますよ!

運動初心者の方は最初はパーソナルトレーナーの元で一つひとつのエクササイズを確認していくことが、ボディメイク成功の近道でもあります。

パーソナルトレーニングを行っているスタジオやジムも増えてきていますし、体験レッスンなどを行っているところがほとんどです。自分に合ったトレーナーと励んでいくことが大事なのでトレーニングを始めてみようと思っている方は、まずは体験から受けてみて自分に合った所を選択するのも一つの手ですね!

女性のボディメイクにピラティスを勧める理由

LINE@限定クーポン配信中!

MoveLabのLINE@登録で限定クーポンが手に入る!

LINE@では当サイトで紹介しているサービス内容について、ご質問・ご相談のある方は、まずLINEからメッセージを送ってください。