パーソナルトレーナーとして気づかされたこと

もう『あなたが商品』

こんにちは和歌山市のパーソナルトレーナー安原望です。

最近パートナーに言われた事について、考える。

 

「君がもう商品なんだよ?」

自分を磨くなんて事は、当然なんだよ?

と言われた。

 

最近では、美容関係のお仕事に多く入らせていただく機会が増え、この言葉は私にとってずしんと来た。

顧客様を綺麗にする事ばかりを考えていた。

 

そのための自分はツールだった。

ダイヤでいうなら、自分は研磨用ダイヤモンドとか砥石の方だと思っていた。

 

そのための実験や検証のために自分を使う事はあった。

そこには岩の合間から見える、内からの光を放つダイヤを取り出す作業をしていた。

 

それだけだった。

しかし、あまりにも自分は分かっていなかったらしい。

 

「違うよ、望さん。顧客様にとって、君はもう商品だ。

君の手からほしい。

君のようになりたい。

君に教えてもらいたい。

そう思ってもらえるように、何故努力しないんだい?」

 

そう。

顧客様には努力してもらうのに、私は、これで良いのか?

 

違うな…。

私は女性として、努力が足りなかった。

魅力的な人に教えてもらいたい。

 

当たり前だ。

努力して綺麗になった人にその方法を教えてもらいたい。

 

当たり前だ。

モチベーションを保つために、いつでもケアを怠らない綺麗な人をそばに置きたい。

 

当たり前だ。

私は、サラッと「もともと綺麗な人」ではない。

 

だから。

努力して綺麗になる人になる。

 

そして誰でも綺麗になれる事を、その方法を、分かりやすく簡単にしてお伝えできるようになりたい。

『努力する美人』なんて格好悪い?

 

格好悪くて結構!

女性が綺麗でいるのに、時間や投資がない訳がない。

 

私は努力して綺麗になる女性を、隠してごまかすのではなくナチュラルから行く。

LINE@限定クーポン配信中!

MoveLabのLINE@登録で限定クーポンが手に入る!

LINE@では当サイトで紹介しているサービス内容について、ご質問・ご相談のある方は、まずLINEからメッセージを送ってください。